音鳴りとの戦い【復活のシュー】日頃のメンテナンスで改善できるかも!

 

こんにちは、2号です。

 

 

自転車から音鳴りがすると心配になりますよね

今回は

通勤で使っているシクロクロスから音鳴りがし出したので

どこが原因でどう改善するかを書いていこうと思います!

 

 

まずは

【原因】

ブレーキをかけた時になるとか、

踏み込んだ時になるとか、

ダンシングした時になるとか、

キュルキュルなるとか、

色々症状がありますよね。

 

 

今回の音鳴りは

ブレーキをかけた時に高い音でキーとなる

パターンでした。

 

このパターンだとご自身で改善できるかもしれません!

 

 

 

 

ブレーキシューを外してみましょう!

IMG_5296

 

銀色に光る小さい粒がポツポツありますね・・・

大分削れていますし。

IMG_5297

 

工場の近くを通ったり、

雨の日や雨上がりに走ると

鉄粉などを巻き上げブレーキシューに刺さることがあります。

タイヤに刺さり、パンクの原因になることも多いです。

 

この鉄粉がついた状態でブレーキをかけると

金属通しを押し当て、高い音でキーとなります。

 

そのまま走っているとホイールのリムを傷つけたり汚れが固まったり、

なかなか改善できなくなってしまいます。

 

 

 

【改善策】

①リムをパーツクリーナー等で綺麗に拭く

②鉄粉を取り除く

③ブレーキシュー毎交換する

 

①からやっていき改善がみられなければ順々にやっていきます。

 

 

【実際にやってみる】

 

まずはリムを綺麗に拭いてみます。

IMG_5401

IMG_5402

IMG_5403

汚いですね

 

少し和らぎましたが、少し乗るとまた音鳴りが・・・

 

 

鉄粉を取り除いてみましょう!

 

千枚通しで取り除き、付け直してみましたが

音が小さくなったものの、完全には消えず・・・

IMG_5372

 

完全には取りきれなかったです

 

 

 

最後に

ブレーキシュー交換もしてみたところ

IMG_5369

IMG_5371

ほぼ消えました!

もう一回リムを綺麗にしてみたら

完全消滅!

 

原因はブレーキシューに刺さった異物と

ホイールのリム面の汚れでした!

 

日頃からリムの掃除はしておかないといけませんね

 

 

余談ですが

私のバイクは

カートリッジ式のブレーキシューにしてありますので、

交換が容易です。

IMG_5397

105以上のブレーキキャリパーを使用されている方は

カートリッジ式の可能性が高いです。

 

カートリッジ式に変更しておけばシューのみが売られておりますので

お店に持っていかなくても自分で交換できるようになりますし、

効きの良いシューに変えれたりと利点がいっぱいです!

IMG_5399

最初はゴム成型タイプより少しお値段は高くなりますが、

後々そこまで値段差は変わらなくなります。

 

 

 

 

日頃からリム面を綺麗にしておくのと、ブレーキシューの状態を確認しておくのが

大事です!

いつもやっている

フレームやチェーンの掃除と一緒に

リムの掃除もして行きましょう!

 

 

ブレーキ辺りから音鳴りがすると感じたら

①ホイールのリムの掃除

②ブレーキシューの異物処理

③ブレーキシューの交換

 

上から順々に試していただくと解消できるかも!

 

ということで

復活のシューではなく新しくなったシューとなりました。笑

ぜひやってみてください!

 

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中